メタトレーダー4

FX取引の危険性やリスクとは


FXの取引について過剰な心配をする必要はありませんが、自分自身のコントロールと注意は必要です。

リスクが全く無いといったビジネスは存在しません。しかしその分チャンスもあるのです。リスクとチャンスは紙一重とも言えます。

通常のビジネスでは顧客や取引先が存在した上で成り立っている為、例えば信頼関係が崩れた場合のリスクは大きいでしょう。その一方で、FXにおけるリスクは自分自身に存在しているということを念頭に置いておきましょう。

FX取引の基本的なルールを理解し、守れる人、そして自分自身のコントロール制御が可能な人であればそれほど大きな危険性に晒される事はないといえます。

利益の大きさは=損失の大きさ

大きな利益を得るチャンスと大きな損失を被るリスクは同等であることは、頭に叩き込んでおくべきです。

レバレッジの使い方次第では大きな利益を出す事も可能ですが、その反面、一瞬で大損失を被る事もあります。海外FXと海外バイナリーオプションが比較されているウェブサイトなどは海外の特性も活かして400倍までのレバレッジを利用することができます。

大きな損失を出してしまうケースとは

では、具体的な例を挙げてみましょう。

ここに400万円の資金があるとします。

400万入金し、レバレッジを25倍にして使います。

400万×25倍÷85円(1ドルあたり)=約100ロット(100万通貨)の取引が可能になります。

単純計算するとこの場合では、1銭=1万円の利益、1円の利益で100万円もの利益が見込めるという事になるのです。

しかし、その逆もあります。

1円で100万円もの損失を出してしまう事もありえるのです。

価格変動の幅が大きい時などは、3銭から5銭の間で動いていくため、すぐに1円にまで値動き幅が変わってしまいます。

その結果、瞬時に400万円といった資産も失ってしまい、次回の投資資金もなくなってしまうといった事態にもなりかねないわけです。

大きなリスクは未然に防げる?

自分次第でどうにでも大きなリスクは防ぐ事が可能です!

自身のコントロールをしっかりすることで、地道なトレードを継続しさえすれば、大きな損失だけは避けられます。

大きな賭けに出る前に、欲を抑えてることが大切です。証拠金に見合った無理の無いロット数でのトレードをしましょう。


そして、無料のFX口座を利用する事で無駄なコストカットもできます。取引を繰り返しても、ハイローオーストラリアで開設するFX口座であればかかる手数料は無料です。デイトレードやスキャルピングなどにが専門の会社は、特に余計な費用がかからないようになっている場合が多いのです。

FXでは通常1万通貨単位からの取引ですが1,000通貨単位から取引できる業者もあります。マネーパートナーズの中には、100通貨といった小額単位で取引が可能なところも存在しています。低いリスクを体験できるデモトレードも用意されています。

FX業者の選び方

数多くあるFX業者の中には、残念ながら安心できる業者だけではありません。

オンライントレードならではの低レベルな約定能力や経営状態の悪化が原因で倒産に追い込まれるといった不安定な要素がある事も否めません。

ここで重要なのが、証拠金の保全状態を表す「信託保全が100%」の業者を選択することです。

万が一業者が倒産などの状態になったとしても補償されるので安心です。

手順を踏んで確実な利益を得る

簡単に始めることはできますが、知識不足のまま取引を開始してしまうと危険性が高くなるのがFXです。

せめて、ここに記述してあることだけでも頭に入れておき、FXNETなどでFXを始めるにあたっては、まず一つずつ手順を参考にしましょう。

一歩一歩確実に手順を踏みむことで、安全な取引が可能になり、最終的には確実な利益が得られるようになるはずです。