メタトレーダー4

バイナリーオプションの長所と短所をすべて明らかにする!

バイナリーオプションはシンプルなルールで勝負も早いことから、投資初心者から上級者まで大人気です。
もちろんバイナリーオプションにはメリットだけではなくデメリットもあります。きちんと長所も短所も知っておくことが大切だと思いますので、今回は簡単にですが紹介します。


○初心者でもわかりやすいシンプルなルール

まずバイナリーオプションの最大の長所ですが、取引のルールがシンプルで初心者でも手を出しやすいことでしょう。
バイナリーオプションの基本となるハイ&ローでしたら、選択肢は「上がるか」「下がるか」の2つしかありませんから、他の投資のように難しい専門知識は必要ありません。
もちろん、きちんと勝ち続けようとしたら、少しずつ勉強していくことも大切になりますが、最初のハードルが圧倒的に低いのがバイナリーオプションの長所です。


○少額からでも始められ、リスクも限られる投資

投資というとまとまった資金が必要になるイメージがあるかもしれませんが、バイナリーオプションであれば少ない額でも参加することが可能です。
FXや株式ではある程度はまとまった金額がないとほとんど勝負にならないですが、バイナリーオプションであれば数百円程度からでも十分参加できます。
ハイ&ローは二択しかありませんので50%の確率で予想できますが、当てることができればだいたい2倍弱程度になって戻ってきます。
もう少し複雑な選択肢のオプションもあり、そういったもののばあいには5倍になって戻ってくることもありますので、少ない資金でも株やFXより利益を出しやすいのです。
ついでに言うと、リスクが管理しやすいのもバイナリーオプションの長所の一つです。株式投資やFXと違い、バイナリーオプションの場合には購入金額以上の資金を失うことはありません。

×勝ちか負けかの二つしか存在しない

バイナリーオプションはどんなに負けたとしても購入した資金を失うだけですが、逆に言えば勝ち負けがはっきりしているという短所があります。
株式やFXは購入した金額よりレートが下がってしまうとしても、購入に使った金額がすべて無駄になるということはありません。
かりに半額になってしまっても売ることができれば半分は戻ってきます。そもそも普通はもっと早い段階で損切りしますので、ダメージは抑えられますが、バイナリーオプションでは購入後には何もできません。


○仕事や家事で忙しくても、ちょっと時間があれば参加できる

バイナリーオプションが他の投資とちがうことは、勝負が始まったら終わるまで何も気にしなくていいことです。
株式やFXではどのレートで買ってどのレートで売るかが重要ですから、一時たりともチャートから目を離すことができません。
何らかの要員で大きく動いているときにぼーっとしていたら、チャンスを逃がすどころか大損失になってしまうこと間違いなしです。
それに対して、バイナリーオプションは一定時間後のレートを予想するだけですから、結果が出るまでは別に他のことをしていても問題ありません。


×途中で売りたいと思っても何もできない

バイナリーオプションでは勝負が始まってしまえば、途中で何も介入することができません。
「もう少し待っていれば勝てそう」とか「早く売らないと下がる」と思っても、時間になるまで見守るだけです。
チャンスやピンチをうまく利用するという戦略が使えないのは、バイナリーオプションの弱点といえるかもしれません。

しかしバイナリーオプションは短期勝負ですので、何度でも勝負をやり直すことができます。もし失敗したとしても、すぐに取り戻せる可能性があります。
日本のバイナリーオプション業者は規制が強いため時間が長めですが、海外の業者であれば60セカンドといった超短期勝負も可能ですので、何度でも勝負することが可能となっています。